小樽の天狗山に登ってきました。
いつものロード仲間2人と一緒です。

毛無し峠を経由して行ったのですが、かなり下ったので無駄に多く登ったかもしれません??
それにしても、小樽の町はとんでもない坂ですね!
住宅街をショートカットしようとすると、いきなり斜度15%の道が現れたりとか!
天狗山の入り口に着いた時点で、すでにヒルクライムを成し遂げた気分でした😅

そして噂の天狗山は・・・激坂が何キロも続きます!
だいたいずっと斜度11%です😱
軽いギア比の私のクロスでも2回ほど休憩しないと登れませんでした😇

途中の5号線ではたくさんのローディーとすれ違う、というか抜かれましたが、天狗山には私たち以外の自転車は来ていませんでした。こんなヘビーな登りは物好きでないとやらないのですかね?


苦労してやっとたどり着いた頂上。

230920tengu4.jpg



標高650m位かな?
今、通ってきたばかりの街並みが眼下に見えます。
中国人観光客も多かったです。

230920tengu1.jpg



定番の場所でも撮影。

230920tengu5.jpg



この日は往復で113km、獲得標高1277mでした。
登ったということは下りもあるわけで、カーボンホイールなので当て効きできず、ポンピングブレーキしかできませんから、ダウンヒルはブレーキ少な目でトンデモない速度で下りました。私よりダウンヒルの速いロード仲間が「追いつけない!」というくらいで😅

小樽の街中は急坂とはいえ、信号が多いしトラックもたくさん走っているので、ホイールがブレーキでどんどん熱くなります。熱を持たないようなブレーキングがたいへんでした。

やっぱり、山や峠はアルミホイールの方が向いているでしょうね。
使い分けが大事と思いました。

230920tengu6.jpg
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

猫の手も借りたい、バーテープ交換

シャドーディレイラーへ交換

comment iconコメント

コメントの投稿