ブルホーンハンドルのシフター変更時に、こんな改良もしていました。
バーテープの下に100均の耐震ジェルを内蔵して、振動を減らすというものです。
ブルホーン先端を握るので、40×40mm、厚さ3mmのジェルを2枚貼ってみました。
その下の部分は目隠しテープを貼って、クロスして巻くせいで元々厚くなるので、そこは何もしません。

231122bousin1.jpg



当然ですが、先端部分がかなり太くなっています!

231122bousin2.jpg



どう変わったか、以前の写真で比較してみます。
こちらは、バーテープを1回巻いただけの頃です。

231122bousin4.jpg



耐震ジェルを入れて巻いた方。
カメラの画角の問題で短く見えますが、同じブルホーンハンドルです。

231122bousin3.jpg



乗ってみてどう変わるかですが、ハンドルへの振動が明らかに減ります。
例えるならタイヤを28cから32cに換えたとか、空気圧を0.6barほど下げたとか、その位の違いはあります。
ずっと乗っていれば、慣れてしまって分からなくなりますけどね(^^;;

あと、個人的には太めハンドルは握りやすくて好きですね。

スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カーボンディープホイールの修理その2 失敗した!?

クランク干渉問題・・・削ってしまおう!

comment iconコメント

コメントの投稿